歯の矯正費用ローンの悩みはこれで解決!

昔から歯の噛み合わせが悪く、うまく噛めないと胃の調子まで悪くなってくるので、歯の矯正をしたいと思っています。
ただ、矯正費用は、100万円以上掛かりそうなので、どうしたら良いものか頭を抱えています。
デンタルローンを利用して、医療費控除を受けるのが一番、効率が良いでしょう。

歯の矯正は早くやらないと大変

歯の矯正は、見た目をキレイにするために行なうものだと思っている方も多いようですが、実は、もっと切実な理由があります。
歯並びが悪いと、歯みがきで汚れを落とすことが難しくなり、虫歯になりやすくなります。

また、噛み合わせが悪くなるため、余計な力を加えるようになり、肩こりや頭痛に原因にもなります。

さらに、うまく食物をかみ砕く出来なくなるため、胃にも悪影響が出てくるのです。

子供の頃は、面倒だったり、痛いのが嫌だったり、治療中の見栄えや印象の悪さを気にしていて歯の矯正をしてこなかった大人の方もいらっしゃいますが、歯の矯正は、歳を取ってくると、益々、費用が掛かるようになるので、出来るだけ早く解決をしなければなりません。

矯正の費用はどうするか。

ただ、歯の矯正は、健康の保険の対象外となってしまっているため、費用の相場は70万円~120万円と大変高くなっています。

そこで、皆さんがよく利用しているのは矯正やインプラントなどで使えるデンタルローンです。

デンタルローンは、信販会社で行なっていますが、通常のローンと比べて、

利用限度額が高い(最大500万円)
分割回数を最大84回まで増やせるので月々の負担金額を減らせる
金利が安い(5.9%ぐらいです)

というメリットがあります。

医療費控除の申請は忘れずに

歯を矯正する際、絶対忘れてはいけないのが、医療費控除の対象になるということです。

一年間で治療費が10万円を越えた場合、確定申告をすれば、税金が戻ってきます。
例えば、課税所得が200万円の人が、100万円の矯正費用が掛かってきた場合、一般的には9万円が還付されると言われてます。

この制度は必ず利用するようにしましょう。

ただ、歯科医院によっては、デンタルローンを取り扱っていない場合があります。
信頼できる歯科医院がそうだと、困ってしまいますが、それでも、歯の矯正は、出来るだけ早くやった方が良いので、そういった場合は、通常の多目的ローンやカードローンなどを利用してみるというのも一つの方法です。

目的別キャッシング比較