プロミスの営業時間と即日融資を受けるための条件を徹底解説

プロミスの営業時間は申込方法や利用方法によって異なってきます。

ここでは、各方法における営業時間と即日融資を受けるための条件、またプロミスの営業時間に関係なく借入れができる方法などについて解説をしていきます。

プロミスの営業時間(申込み編)

プロミスに申込む場合は、方法によって営業時間が微妙に違って来ます。

自動契約機で申し込む場合

自動契約機を通じて申し込む場合のプロミスの営業時間は以下のようになります。

営業時間 備考 曜日
9:00~22:00 ※一部21時もあります。 土日祝日も申込可

自動契約機の良いところは、誰にも会わずに申込むことが出来るので、気軽に利用できるという点です。

またプロミスの自動契約機は他の消費者金融に比べても数が多いですし、土日祝日でも対応しているので便利です。

自動契約機で即日融資を受けるには?

自動契約機へ必要書類を持っていけば、タッチパネルを通じて申込を行なうことが出来ますし、約30分~40分程度で手続きが完了するようになります。

(※審査の内容によっては、時間が掛かってしまうこともあります。)

審査に通れば、その場でローンカードを発行してもらい、ATMを通じてすぐに借入れをすることが出来ます。

つまり自動契約機で即日融資を受ける条件は営業時間内に契約手続きを終えて、ローンカードを受け取るということになります。

事前にWEBで申し込んでおけば、審査に通った後、自動契約機でローンカードを受けることが可能なので、よりスムーズかつ確実に手続きを行なうことが出来ます。

ちなみにプロミスの申込みは、全国にあるSMBCローン契約機(三井住友銀行のローン契約機)からも可能です。

SMBCローン契約機の営業時間は以下のようになります。

営業時間 備考 曜日
9:00~21:00 ※契約機により営業時間、休日が異なります。 土日祝日も申込可

店頭窓口で申し込む場合

店頭窓口(お客様サービスプラザ)で申込みを行なう場合のプロミスの営業時間は以下のようになります。

営業時間 備考 曜日
10:00~18:00 ※店舗により異なります。 平日のみ
(一部の店舗では、平日20:00まで、土日祝日も18:00まで営業しています)

店頭窓口は対面で相談しながら申込みが出来るので、安心して借入れが出来るというメリットがあります。

ただその一方で、店頭窓口は自動契約機に比べると営業時間も短いですし、数も圧倒的に少ないので、身近に利用できるという観点では自動契約機の方が便利です。

電話で申し込む場合

プロミスコールに電話をして申込む場合の受付時間は以下のようになります。

受付時間 曜日
9:00~22:00 土日祝日も申込み可能

パソコンやインターネットが苦手な方は電話の方が楽かもしれませんが、電話申込の場合、振込キャッシングには対応していません

そのため、即日融資を希望する場合は、プロミスの営業時間内に店頭窓口や自動契約機へ行く必要があります。

実際、普通にネット閲覧や入力が出来る方であれば、後述するWEBからの申込の方が遥かに便利です。

WEBで申込みを行なう場合

WEBで申込みを行なう場合は、24時間関係なく受け付けているので、プロミスの営業時間を気にせずに、手続きが出来るので便利です。

また振込キャッシングという方法を使えば、ローンカードを受け取る前にお金を借りることが出来ます。

具体的には、以下の条件を満たせば来店不要で振込による即日融資も可能となります。

振込キャッシングで即日融資を受ける条件

即日振込も可能な条件 備考
平日14時までに契約完了 ※申込の時間帯によって当日中の融資が出来ない場合があります。

平日14時までに契約が完了できなければ、WEBで申込をした後、自動契約機へ行って、プロミスの営業時間内にローンカードを受け取ることによって即日融資も可能となります。

振込融資の方が手続きとしては楽なのでオススメですが、それが難しくなった場合は、自動契約機を活用しながら即日融資を受けられるようトライしてみて下さい。

プロミスの営業時時間(利用編)

プロミスの便利なところは、審査スピードが速く、即日融資も可能という点だけではありません。

契約後に利用をする際も、利便性が高いのでオススメです。

ATMを利用する場合

ATMを利用する場合、プロミスATMや提携ATMで借入れや返済が可能ですが、プロミスATMであれば手数料なしで利用ができます。
(ただし、三井住友銀行の提携ATMでも手数料が無料です)

プロミスのATMの営業時間は以下のようになっています。

営業時間(受付時間) 曜日
7:00~24:00 ATMにより営業時間、休日がことなります。

ただ、プロミスのATMを利用するのが時間的や距離的に難しい場合もあります。

そんな時は、コンビニの提携ATM(セブン銀行、ローソンATM、イーネット)からであれば、手数料(1万円以下で108円、1万円超で216円)は掛かりますが、いつでも利用することが出来ます。

瞬フリであればプロミスの営業時間は関係なし

プロミスでは、三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座をプロミスに登録すれば「瞬フリ」サービスを利用することが出来ます。

そうすればプロミスの営業時間に関係なく以下のように24時間最短10秒で振込融資を受けることが可能です。

曜日 受付時間 振込実施時間
月~金、土・日・祝日 0:00~24:00(24時間受付) 受付完了から最短10秒

※金融機関の都合で利用できない時もあります。

ちなみに通常の振込キャッシングであれば以下のような時間帯での対応となります。

曜日 受付時間 振込実施時間
月~金 0:00~9:00 当日9:30頃
9:00~14:50 受付完了から最短10秒
14:50~24:00 翌営業日9:30頃
土・日・祝日 0:00~24:00 翌営業日9:30頃

プロミスの振込融資であれば、振込手数料も0円なので、気軽にお金を借りられるという点でも便利です。

まとめ

プロミスは審査時間が最短30分(審査の内容によっては時間が掛かる場合もあります)とスピードが速く、即日融資を受けるための条件が明確になっているというメリットがあります。

ですから、プロミスの営業時間をチェックする際は、即日融資を受けるための条件も一緒に確認しておくのが良いでしょう。

また、三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座を持っていれば、契約後は営業時間に関係なくいつでも振込融資を受けることが出来ます。

どちらかの口座を持っている方であれば是非、プロミスを利用されるのをオススメします。

また、どちらも持っていない方でも、後から口座を切り替えることは可能なので、プロミスへの申込みと同時進行で口座を作っていかれるのが良いでしょう。

目的別キャッシング比較