プロミスとアコムの違いを徹底比較@どっちがよりオトク?

プロミスやアコムは消費者金融のカードローンやキャッシングを利用する際、真っ先に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、プロミスとアコムは、どちらも大手の消費者金融であり、業界シェアも1位、2位を争っているからです。

ちなみに平成25年・26年のランキングでの営業利益のシェア率は、

1位 アコム:30.7%(2,022億円)

2位:プロミス:29.6%(1,948億円)

となっており、2社で6割以上のシェアを占めています。

大手の消費者金融から借りると、まず安心して利用できるメリットがあります。

また、もう一つの大切なポイントとして、プロミスもアコムも提携している銀行やATMが多い為、全国どこでも気軽に借りられるという利点があります。

ですから、出来るだけ大手の消費者金融でカードローンを申込みたいという場合は、プロミスかアコムのどちらかを利用するのが良いでしょう。


プロミスとアコムの比較一覧

そうなると次に問題になってくるのが、プロミスとアコムのどちらから申し込んだ方が良いのかということになりますが、当サイトでは、プロミスの方をお勧めしています

なぜ、そうなのかをこれから解説していきますが、まず、プロミスとアコムの特徴を簡単に比較してみると以下のようになります。

店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、最新情報はプロミス公式サイトをご確認頂けます様お願い致します。

比較項目 プロミス アコム
グループ 三井住友銀行グループ 三菱UFJファイナンシャルグループ
金利 4.5%~17.8% 3.0%~18.0%
融資可能額 500万円まで 800万円まで
審査スピード 最短30分で審査回答 最短30分で審査回答
保証人・担保 不要 不要
総量規制 対象 対象
30日間無利息サービス あり
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
あり
※返済期日「35日ごと」で契約する人が対象
返済方式 残高スライド元利定額返済方式 元利定率リボルビング方式
収入証明が不要になる条件 希望借入額が50万円以下または希望借入額と他社での利用残高の合計が100万円以下 希望借入額が50万円以下または希望借入額と他社での利用残高の合計が100万円以下

上記の表を比べてみると、プロミスとアコムはほとんど同じサービスを提供しているように見えますが、細かく見ていくと、いろいろな違いがあることが分かります。

即日融資での違い

プロミスもアコムも審査スピードが速いので、即日融資にも対応しているという点では共通しています。

しかし、その条件を見てみると、微妙な違いあります。

振込キャッシングの場合、即日融資も可能となる条件は以下のようになっています。

プロミス:平日14時までに契約が完了

アコム:審査完了後、平日14時までにFax送信をしてアコムが確認

平日14時までという条件は、プロミスもアコムも同じですが、アコムの場合は書類をFAXで送らなければならなりません

FAXがない場合はコンビニなどへ行く必要があります。

ですから、場合によっては、非常に面倒になってしまう可能性があるのです。

プロミスでは必要書類を携帯電話のカメラなどで画像化して送ったり、スマートフォンがあればスマホアプリからも送信できるので、FAXは不要です。

ちなみに、振込キャッシングの手続きが間に合わなかった場合は、自動契約機(無人契約機)の営業時間内に契約手続きを終えて、ローンカードを受け取ることが出来れば、ATMを通じてすぐにキャッシングをすることが出来ます。

プロミスとアコムでの自動契約機の営業時間は以下のようになっています。

店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、最新情報はプロミス公式サイトをご確認頂けます様お願い致します。

消費者金融 営業時間 備考
プロミス(自動契約機) 9:00~22:00 ※一部21:00もあります。
アコム(むじんくん) 8:00~22:00 ※年中無休(年末年始は除く)
※一部は営業時間が異なります。

自動契約機を利用する場合は、どちらも条件的には同じとなります。

無利息サービスの違い

プロミスもアコムも30日間の無利息サービスを行っています。

無利息サービスは、元々、プロミスが行なっていたのですが、アコムも2014年10月1日から無利息サービスを開始して、プロミスに追従するようになりました。

どちらのサービスも期間が30日なので、一見、同じに見えますが、実は、一つ大きな違いがあります。

それは、30日間のカウント方法が、プロミスは初回利用日翌日から30日目が無利息の期限となっているのに対し、アコムは契約日翌日から30日間が無利息の期限になっているということです。

プロミスの30日無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
アコムの30日間金利0円サービスは、返済期日「35日ごと」で契約した人が対象となります。

プロミスは、契約をしても借入を行なうまでは無利息期間のカウントが始まらないので、その分、時間的な余裕が生まれます

アコムは、契約をするとその翌日から無利息期間がカウントされてしまうので、早くお金を借りないと損をしてしまうことになります。

しかしプロミスでは、「いざという時の出費のために、契約だけしておいて、いつでも借入が出来るようにしておこう」という使い方の時でも無利息サービスをしっかり利用できるというメリットがあるのです。

金利の違い

上限金利を見ると、プロミスでは17.8%とアコムに比べて0.2%低くなっています。

もちろん、0.2%なので、利息の違いはそれほど大きくありません。

例えば、50万円の借入を行ない、月に2万円ずつ返済した場合、利息の総額は以下のようになります。

プロミス:129,392円(返済期間:32ヶ月)

アコム:131,374円(返済期間:32ヶ月)

プロミスの方がアコムより1,982円お得なります。

この金額をどう考えるかは人によっても判断が分かれるところですが、少しでも利息を抑えたい方にはプロミスの方がお勧めとなります。

借入金額が100万円以上になると、利息制限法で上限金利が15%以下にすることが義務付けられているので、プロミスが金利面で有利となるのは、基本的には借入金額が100万円未満の場合ということになります。

プロミスはカードレスも可能

アコムは契約を行なうとローンカードの発行は必須となりますが、プロミスの場合、Web完結で申し込むことによって、ローンカードを使わずカードレスで借りることも出来ます(※ご希望に沿えない場合もあります)。

カードレスにすると郵送物が自宅に届くこともありませんし、ローンカードを会社の人や家族、あるいは恋人に見られたりして、借金していることがバレるリスクをなくすことが出来ます。

またカードを紛失するという心配がありませんし、借入や返済はセキュリティが確保されたWEBを通じて行うことが出来るので安心です。

借入と返済方法の違い

プロミスもアコムも、大手の消費者金融なので、借入も返済も非常に融通が利きやすくなっています

振込キャッシングは以下の方法でそれぞれ対応をしています。

プロミス:三井住友銀行・ジャパンネット銀行であれば24時間振込OK

アコム:楽天銀行で0:10~23:50であれば振込OK

※瞬フリサービスをご利用いただく場合、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能。詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

上記の方法以外にも、専用ATMや、イーネット、ローソンATM、セブン銀行などの主要な提携ATM、そして提携金融機関での借入や返済が可能となっています。

※提携ATMを利用する場合は、手数料が掛かり、1万円以下では108円、1万円超では216円掛かります。

ただ、プロミスとアコムの返済方法で、一つ大きな違いがあるとすれば、アコムの場合は、35日ごとの返済か、毎月指定期日の返済のどちらかを選ぶようになっているということです。

また、アコムでは「35日ごと」で契約することが30日間金利0円サービスを利用するための条件となっているので、無利息サービスを利用する方は、この返済方法の特徴を知っておく必要があります。

35日ごと返済のメリット・デメリット

35日間返済の場合は、一定の返済日が決まっている訳でなく、返済した翌日から数えて35日後が次の返済期日になる仕組みとなっています。

この返済方法だと、自分のペースで返済が出来るというメリットがあります。

ただ、返済日に余裕があるからといって、ついついいつも期日ギリギリで返済していると、結果的に支払う利息が高くなってしまうリスクがあります。

例えば、30万円を借りて、13,000円ずつ35日ごとに返済をしていた場合、支払う利息の金額は、85,927円となり、プロミスで毎月13,000円ずつ支払う場合(利息は69,954円)と比べて、15,973円余分に利息を支払うことになってしまうので、気を付けなければなりません。

プロミスとアコムの審査はどちらが通りやすい

最後に比較するのは、審査の新規貸付率(成約率)です。

実は、プロミスもアコムも新規貸付率のデータを公表しているので、ご紹介いたします。

プロミスの新規貸付率

プロミスの新規貸付率(成約率)は、約40%となっています。

アコムの新規貸付率

アコムの新規貸付率は、約48%となっています。

こちらの資料を見ると、アコムの方がプロミスより審査に通る確率は高いということが分ります。

プロミスとアコムの比較まとめ

上記の内容をまとめてみると、審査の通りやすさではアコムの方が有利ということになります。

ただ、それ以外の即日融資の条件、無利息サービス、金利、そして利便性などで、プロミスの方がメリットが大きいので、総合的な観点から見れば、プロミスの方がお勧めということになります。

プロミスやアコムなど消費者金融の特徴をしっかり押さえた上で、是非、カードローンを有効活用していって下さい。

目的別キャッシング比較